山中漆器って・・・

柿菓子器

山中漆器の発祥は、今から約450年前、越前の国(今の福井)の挽物師が加賀の国大聖寺川上流に移住し 、挽物を業としたことに始まり、燭台や茶托等を温泉客の土産物として製作していました。

 

この頃すでに溜塗漆器を産するに至り、その後江戸時代には、各地より名工を招き、各種の色漆漆器が製作され、今日の山中漆器の基礎が作られました。

 

蒔絵の技術は、京都や会津の蒔絵師よりその技を学び、幾多の工夫を重ねて今日に伝承されました。この間各分野に多くの名人・名工を輩出し、特に朱溜塗りの技法や薄物挽、糸目挽の技術は高く評価され、国の伝統工芸技術に指定されています。

 

山中出身の「木工人間国宝 川北良造氏」は代表的なその一人です。